邯鄲の夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 舞子帆照(ホテル)

<<   作成日時 : 2013/11/11 22:49   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

舞子ホテルは JR舞子駅から 北へ歩いて数分 
大正時代創建の邸宅は 日下部汽船の 
日下部久太郎氏の 別邸でした 
その後 ホテルとして創業され 
今は 山陽電気鉄道グループのひとつです
 

画像
土日のレストランは 披露宴で貸切が多く
画像
なかなか予約が取れませんが
この日は 仏滅だったせいか
半月前の電話でも OKでした

この部屋を始め 館内は土足で上がります


ランチは Cef''s Course 5,000円(別途サービス料10%)です
画像
前菜5種類盛合せ

カルパッチョ(魚の名前は失念しました)は
画像
酢加減もよく あっさりと 美味い

時間が経ったせいか お料理の説明を
画像
いい加減に聞いていたせいか 素材が何なのか
全く思い出せません
ひとつ上の写真に見える フライものは
確か カボチャの裏ごししたものだったはずです…

安寧芋?のスープ
画像
芋と聞いて 食感が ざらざらしているかと思いましたが
意外にさらりとして かつ甘みも控えめで
美味〜い

甘鯛とカラスミノのアーリオオーリオ カリッと焼いた鱗添え
画像
この鱗は 絶品ですね
鱗のひとつひとつが 逆立ち
表面は軽やかに カリッとした食感の後
じんわりと 全てを受け入れる 弾力があります
超美味いです!
できることなら この鱗だけを 食べ続けたい…

瀬戸内産鮮魚のパン粉焼き タスマニアマスタードの入ったラビゴットソース
画像
魚が淡泊だったので ラビゴットソースの塩気が足りませんでした
酢も もう少し効かした方が 好みですね

但馬牛ももモ肉のロースト 牛蒡のピュレと赤ワインソース
画像
牛蒡のピュレは 肉に隠れています
牛蒡と牛肉は 醤油が介在すると
相性が良いと 思いますが…  
赤ワインソースとは 間違いありません

もも肉は 噛み応えがあります
噛めば噛む程 旨味がでますよ

デザートは 6種類の中から2つ選べます
ティラミスと 大分県産山香栗のモンブラン
画像
お料理は 全体的に薄味で あっさりしていますが
デザートは 甘さが前面に出てきますね

お料理には もう少し塩を効かせて
デザートは 甘さ控えめにしていただけると
超最高でなんですが…
満腹になりました
ご馳走さまでした!





お料理をサーブするタイミングとその心遣いは良かったですね 和室にカーペット敷いて日本庭園を眺めながらテーブルと椅子でイタリアンをいただくのも なかなか乙なものですよ 参考になったよと思われた方はポチッとお願いします
    
画像人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
舞子帆照(ホテル) 邯鄲の夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる