邯鄲の夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 博多やきとり かわ庵

<<   作成日時 : 2017/10/03 21:31   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

飲んべえで 食い意地のはった 
くたびれた おっさんと 
ガッツ溢れる 肉体派おっさんは 
缶詰で 満足できるはずもなく 
次に向かった先は かわ庵じゃ


画像
缶詰バーへ行く前に ここを覗いたときは 満席で
敢えなく断念 じゃが バーの帰りに寄ると
空いておったのじゃよ 
執念と言っては 言い過ぎか…
 
お代は リーズナブルじゃな
画像
串100円均一とは 懐寂しい爺には
嬉しいのぉ〜

目の前に-2.2℃とあらば これを飲まずして なんとする
画像

しかしじゃ グラスが凍っておらんかったのが 残念じゃった

付き出しのキャベツ ソースは 恐らく中濃じゃな
画像
ウスターの サラリとした液ではなく
トンカツソースほど 濃くはなく
このくらいのとろみが キャベツには
ちょうど良く絡んで 良いではないか

焼いておる様子が よう見えて 目でも楽しませてもろた
画像

塩は2種類を 使い分けておったな

右から とりかわ黒と とりかわ白じゃ
画像
ここの特徴は 皮が ねじねじと
これでもかと きつく捻られておるんじゃ
串にかぶりつくと その皮密度に 驚くばかり
こんな姿は 神戸では ほかに見たことがないぞよ

タレ焼きの黒は もっちりした歯応えじゃ
画像
甘すぎないタレで ビールが進むではないか
白の方は 皮目がパリッと香ばしく
甘味脂味が じんわり滲み出し
皮本来の 滋味が味わえるじゃ
ここは 焼酎が合いそうじゃ で
二階堂のお湯わりを 所望いたす
 
つくね
画像

砂ずり
画像

大手羽 350円
画像
手羽先 手羽中 手羽元まで繋がっており
食べ応えが ありそうじゃ
が この一本で品切れとなり
ここは 殊勝にもN氏に譲ったんじゃ

奇特な爺は 豚足じゃ
画像
お代は 同じ350円と 気も使っておる

塩だけの味付けで シンプルに
画像
ここは 両手でむしゃぶりつくしか あるまい
皮と骨の間の ゼラチン質は プリプリじゃ

もっといろいろなものを 食したかったが
夜も更けて とっくに寝る時間を過ぎてしもた
次回は もっと早く来ないと いけませんな
ご馳走さまじゃった!

iPhone7



きのP氏は皮10本は軽かったと豪語しておったが これは爺もクリアできそうじゃな 串1本から注文できるのも良心的でよいのぉ ちょっと行ってみたいぞよと 心動かされたお方はポチッとしてみるのがよろしかろう!
       
画像人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
呼びましたか?

冗談無しに10本はいけるでしょう、博多の方はこんな美味い皮を食べてるのですね〜

再訪決定という事で、いつにしましょうか?

ただしプクさんが訪問された時間が遅かったので空席があったとも言えると思います。
きのP
2017/10/04 15:54
きのPさん 
勝手にお呼び立てして、申しわけありません。 

次回、つくねをピーマンに挟むという、孤独のグルメの、いちシーンを試してみたいと思います。 
人気店ですから、予約して行きましょう!
ぷく爺
2017/10/04 17:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
博多やきとり かわ庵 邯鄲の夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる