神戸たこ焼き 三ツ輪

神戸たこ焼きというと 紹介されるお店のひとつ
新長田アスタくにづか3番館地下の 三ツ輪です
たこ焼きだけではなく お好み焼きや焼き豚なども売ってます
画像

若松公園で 鉄人28号を撮影した後
おやつの時間になったので たこ焼き 370円をいただきました
画像
昭和30年代の兵庫区南部 今のホームズスタジアム周辺では
たこ焼きといえば 出汁につかり ソースをつけて食べていました
いえ 正確に言えば 子供が出入りする駄菓子屋のようなところでは
蛸は入ってなく ちくわかコンニャクの細切れが入っていて
たま焼きなどと言っていましたが ちゃんと出汁とソースで食べていました
画像

ここでは まずソースをつけてから
画像

出汁に浸して いただきました
画像
写真ではわかりにくいですが 表面はしっとりして 
中は 明石焼きのような 玉子のとろみではありませんが フンワリトロトロです
美味い!
出汁の色はやや濃いのですが 味は色ほどではなく たこ焼きを浸して絡め
口に含むと 下町の香りが鼻腔の奥をくすぐるのですよ
最後は 出汁を全部飲み干しました
ご馳走様でした



最近新長田ネタが多いのですが 9月はこの周辺で沢山のイベントが予定されています どれだけ紹介出来るかわかりませんが 期待しないで待ってるよ!と気の長い方はポチッとお願いします
           
画像人気blogランキングへ
 

この記事へのコメント

きのP
2009年09月02日 23:08
昭和四十年代の前半、神戸市東部でもいっしょでしたね。

こんにゃく入り・3個10円で学校帰りの至福のひとときを過ごせました。
2009年09月03日 21:36
きのPさん

思わぬテーマで 心の隅を擽るようなコメントを
ありがとうございます
神戸東部でもそうでしたか…
きのPさんのコメントで
算盤塾帰り 十円玉を数枚握りしめ
友達とたこ焼きさんへ 駆け込んだことを
急に思い出しました
あの下町の風情は
どこへ行ってしまったのでしょうか
あの頃の神戸は何処へ? 

この記事へのトラックバック